MV AGUSTA ONLY ONE SHOP

2020 MV AGUSTA 


大阪は驚くほどの快晴です!!!

週末も良さそうですので、事故には気をつけて

走りに行ってらっしゃいませ!!

 

さて、本日は2020モデルの話題です!!

B4oro

BRUTALE 1000 serieoro

2018年のEICMAでプロトタイプを発表、上陸までのカウントダウンが

始まりました!!限られたユーザーにしかお納め出来ないのが残念ですが

クレアツィオーネでは間違いなくご覧いただける機会がございます!!!

RUSH1

RUSH 1000

2019EICMAで突如現れた”RUSH1000”

思わず4気筒版ドラッグスター!?と思いました。。。

スペックシートにはレーシングキットの詳細がありますので、

ベースはどんな感じでしょうか、、、

B4RR2

BRUTALE 1000RR

B4RR1

BRUTALE 1000RR

フルモデルチェンジされた4気筒ブルターレシリーズには、

F4RC由来のエンジンユニットを採用しています。

前後サスペンションは電制オーリンズを採用、ホイールもアルミ鍛造を装備。

こちらも上陸が待ち遠しいですね!!

SVORO

SUPERVEROCE serieoro

2018EICMAで発表されたスーパーヴェローチェ、300台限定発売ですが

1WEEK100台ペースの受注であっという間に締め切られてしまいました。

バイクそのものがカルチャーのEU/US圏の勢いは凄いですね!!

改めて”MV AGUSTA”ブランドの威力を感じた1台です。

予約出来なかった、やっぱり欲しい、という方は具体的にご相談下さいませ。

SV1

SUPERVELOCE

SV

SUPERVELOCE

2019EICMAでは、レギュラーモデルが発表となりました。

メーターはカラーTFTですので、OROと同じですね。

マフラーやホイールがF3同一、外装マテリアルからカーボンが省かれていますが、

新採用のサーモ・プラスティックはOROと同じです。

好みのマフラーやステップ、サスペンションを武装して、

走りを楽しむネオクラシックを一緒につくりませんか!?

F3

2020 F3-675/800 (シートサイドに675/800表記)

2020は伝統のREDxSILVERのみ!!塗り分けもカウルの

セパレート部位に戻りました。写真は800ですが、シートサイドの表記が

異なるのみです。カラーリング、という点ではこれかRC、の二択です。

675は一択ですね・・・

DSRRSCS1

2020 DRAGSTER800RR/SCS

DSRRSCS2

2020 DRAGSTER800RR/SCS

大人気のドラッグスターシリーズですが、RRはカラーチェンジ、

新たにRR-SCS(スマート・クラッチ・システム)モデルを導入しました。

これは、今まで通りのクラッチ操作で運転するか、もしくはシステムに委ねて

オートマチック的に運転に専念するか、選べる2WAYのシステムの事です。

エンスト>立ちゴケ、の苦痛・苦難から解放される期待値大ですね!!!

B3RRSCS2

2020 BRUTALE800RR/SCS

 

B3RRSCS1

2020 BRUTALE800RR/SCS

私の大好きなブルターレ800RR、こちらもカラーチェンジと、

SCSモデルが追加ラインナップとなりました。

TVLSCS

2020 TURISMOVEROCE LUSSO/LUSSO SCS

TVLSCS2

2020 TURISMOVEROCE LUSSO/LUSSO SCS

SCSが初めて導入されたツーリズモ・ヴェローチェですが、

従来販売のLUSSOはパニア・ケースがオプションでしたが、

2020のテクニカルシートには、「included Bags」と

有りますので、パニアケース(L/Rで34L程度)も標準装備???

<写真はSCSモデルです>

 

2020モデルには、ベーシック・ラインともいうべき

“ROSSO”シリーズが導入されました。

DSJPG

2020 DRAGSTER800 ROSSO

その名の通り、カラーは「ROSSO=赤」のみです。

エンジンもシングルインジェクターの110HP仕様。

これはいたずらにハイパワーを求めたり、プライスレンジを

上げるものではなく、オーソドックスな初期のドラッグスター同様の

パッケージングです。ホイールも6インチキャストに戻りました。

B3

2020 BRUTALE800 ROSSO

ブルターレ800は従来から継続ですが、カラーをROSSOのみ、と

することで余剰カラーの発生を抑え、安定した生産とコストカットを

可能とすることでしょう。ベーシックモデルとはいえ、軽量ボディーに

110HPですから、十分なスペックを持ち合わせています。

私事ですが、ブルターレでもブルターレRRでも、岡山国際サーキットを

例に挙げますと、周回で1秒も変わりませんでした、、、

TVR

2020 TURISMOVEROCE ROSSO

こちらも従来より販売されておりましたが、ブルターレ同様ROSSOカラーのみ。

LUSSOの充実装備を省いたシンプルな構成ですが、良いシーズンしか

走らない、日帰りツーリングしかしない、のであればこういったベーシックは

有難いですね!!パニアケース・ホットグリップ・電制サスペンション・

センタースタンド・GPSセンサーなどが必要な方はLUSSO/SCSをお奨め。

 

最後は”REPARTOCORCE”シリーズです!!

F3RC

2020 F3-800RC (2020は675RCは有りません)

2019WSSを戦ったF3-675RCをモチーフに仕上げた1台。

レーサーレプリカの位置付けの為、ホイール形状を継承していましたが、

800ccは厳密に言えばレプリカではなく!?

2020モデルは現行ホイールになりました。

2020WSSは、2019WSSワールドチャンピオンの

ランディー・クルメナッハー選手がライドすることになりましたので、注目です!!

DSRC

2020 DRAGSTER800RC

カウルが無くてもここまでの存在感はドラッグスターならでは、ですね!!

前述の”RUSH1000”と並べてみたいです、、、

TVRC

2020 TURISMOVEROCE RC LUSSO SCS

LUSSO SCSをベースに毎日F3RCを感じていたいあなたに!

ITALYのキャッチコピーは”EVERYDAY F3”です!!

 

 

現在、詳細につきましてはMV AGUSTA JAPAN様から

リリースが来るのを心待ちにしているところです。

価格や納期など、わかり次第お報せして行きます。

2020年も楽しみですね!!!

 

 

 


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です